禁煙みやぎとは

TOP > 禁煙みやぎとは
 

禁煙みやぎ発足までのあゆみ

 国民の健康をタバコの害から守るために、医師と歯科医師が連携して日本禁煙推進医師歯科医師連盟が1992年に設立されました。私達は2年後の1994年に宮城支部を立ち上げて、地域における禁煙推進の核になろうと、活動を始めました。WHOの世界禁煙デーに関連して「世界禁煙デー・宮城フォーラム」を1995年から毎年開催し、タバコの害の啓発をしてきました。2004年には10年を迎え、それまでの活動をまとめて、10年の歩みを発行しました。その後、私達は、医師歯科医師のみでなく、広く市民の参加による禁煙活動が必要と考えるようになりました。全国的には、NPO法人日本禁煙学会が2006年2月に発足しました。私達もその動きに連動して準備を始め、2008年1月にNPO法人禁煙みやぎを設立しました。

 

※1994年~2004年
日本禁煙医師歯科医師連盟宮城支部10周年記念誌「10年のあゆみ」

 

「10年のあゆみ」(1-10頁 PDF)

「10年のあゆみ」(11-80頁 PDF)

 

禁煙みやぎの発足

 

 

※現在の活動はこちらをご覧ください。

 

 

このページの上へ