世界禁煙デー

 

第27回世界禁煙デー・宮城フォーラム 開催報告

 

「第27回禁煙推進・宮城フォーラム」のご報告

 

特定非営利活動法人禁煙みやぎ
理事長 山本蒔子

 

 「第27回世界禁煙デー・宮城フォーラム」は、令和3年5月30日に開催予定でしたが、コロナ禍のために延期を余儀なくされました。この秋10月31日に「第27回禁煙推進・宮城フォーラム」として、コロナへの感染対策を行ったうえで、無事に開催する事が出来ました。
 ソーシャルデイスタンスを確保するために参加者はあらかじめ申し込み頂き、約70名に制限をして行いました。当日は70名の参加があり、盛会に開催することが出来ました。プログラム冊子も公開致しましたので、ご覧頂きますようお願い致します。 


 テーマは「コロナ禍だからこそタバコを止めよう!」としました。
 はじめに、東北大学大学院産業医学分野の黒澤 一教授に、「社会はタバコと どう向き合うべきか?-新型コロナウイルス感染症の克服に向けて-」と題 して、感染症克服のために、喫煙対策を推進しなくてはならないとするご講演を頂きました。その後、禁煙治療の現場である禁煙外来のロールプレイや特別講演Iとしてオンラインによる禁煙治療を紹介しました。特別講演IIでは、宮城県精神医療センターにおける敷地内禁煙の実施の経過および特別講演IIIは、田辺三菱製薬の社員喫煙率目標を5%とした「卒煙プログラム」をそれぞれお話し頂きました。
 禁煙みやぎは、地域のさらなる禁煙推進のために活動を続けてまいります ので、今後とも皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

テーマ : 「コロナ禍だからこそタバコを止めよう!」

第27回世界禁煙デー・宮城フォーラム プログラム(PDF)


基調講演

 

 「社会はタバコにどう向き合うべきか?
  ―新型コロナウイルス感染症の克服にむけて―」

  講 師:黒澤 一 氏
      東北大学環境・安全推進センター
      東北大学大学院医学研究科産業医学分野
      教授・統括産業医

 

特別講演

 「オンライン診療による禁煙治療」
   講 師:齋藤 泰紀 氏
   宮城県結核予防会 禁煙みやぎ理事

 「宮城県精神医療センターにおける喫煙対策の経過」
   講 師:堀川 裕之 氏
   宮城県精神医療センター 看護師長


 「社内の卒煙に向けた取り組み 」
   講 師:大橋 至光 氏
   田辺三菱製薬株式会社
   人事部 健康推進グループ


「第27回禁煙推進・宮城フォーラム」写真
2021年10月31日(日)
藤崎一番町館3階イベントスペース



会場風景 コロナ対策にて参加者数限定で開催(70名参加)


総合司会 安藤由紀子 金上病院副院長


開会あいさつ 山本蒔子 禁煙みやぎ理事長


藤崎百貨店様ごあいさつ(会場提供)

 


基調講演 座長 安達哲也 東北医科薬科大学呼吸器内科

 


基調講演 「社会はタバコにどう向き合うべきか?」
ー新型コロナ感染症の克服に向けてー
講師 黒澤 一  東北大学環境・安全推進センター
東北大学大学院医学研究科産業医学分野  教授・統括産業医


ロールプレイ「禁煙外来に行こう!」
医師役 山本蒔子 禁煙みやぎ理事長 
患者役 川守田節男 宮城県薬剤師会たばこ対策委員


特別講演Ⅰ 座長 髙田 修 たかだこども医院

 


特別講演1 「オンライン診療による禁煙治療」
講師 齋藤泰紀 宮城県結核予防会

 


特別講演Ⅱ 座長 菅野 庸 仙南中央病院


特別講演Ⅱ 「宮城県精神医療センターにおける禁煙対策の経過」
講師 堀川裕之 宮城県精神医療センター看護師長


特別講演Ⅲ 座長 広瀨俊雄
仙台錦町診療所・産業医学検診センター

 


特別講演Ⅲ 「社内の卒煙に向けた取り組み」
講師 大橋至光氏 株式会社田辺三菱製薬 
(代読者 佐々木康宏氏)

 


閉会あいさつ 大髙要子 禁煙みやぎ副理事長



このページの上へ